ベースフードについて

ベースフードでの置き換えダイエットのやり方を紹介!食事を我慢せずに痩せよう!

この記事では、ベースフードの置き換えダイエットについてまとめています。

効率的にダイエットするには、栄養バランスを摂りつつ摂取カロリーを減らしていくのが一番!

ベースフードなら栄養バランスも良く、摂取カロリーも抑えられますよ。

ベースフードを使った置き換えダイエットで、痩せる方法を紹介しているので、参考にしてくださいね!

ベースフードの詳細はこちら!

ベースフードが置き換えダイエットに向いている5つの理由

置き換えダイエットに向いている5つの理由
  1. 腹持ちが良いから
  2. 味が美味しいから
  3. 栄養素が豊富だから
  4. 低カロリーだから
  5. 継続しやすい値段だから

ベースフードが置き換えダイエットに向いている理由は、以上の5つあります。

ベースフードはダイエッターに大人気の完全栄養食です。

一般的なパンやパスタ、クッキーに比べるとベースフードはカロリーが控えめです。

腹持ちもよいですし、味も美味しく、値段も手頃なので長く続けることができます。

次からは、ベースフードが置き換えダイエットに向いている理由を、それぞれ紹介していきますね!

理由①:腹持ちが良いから

実際に食べてみるとわかるのですが、ベースフードは食物繊維が豊富なのでとても腹持ちがよいです。

食物繊維が豊富だと咀嚼回数も自然と多くなり、とても満足感があります。

ベースブレッドは特に腹持ちがよく、1食あたりの推奨摂取量の2袋を食べるのは大変なほど!

お腹が空きにくいので、間食せずに済み、ダイエットに向いています。

理由②:味が美味しいから

どんなに健康的に置き換えダイエットができたとしても、味が美味しくなければ続けられません。

その点、ベースフードはどれも美味しいと評判です。

味に関しては好みがあるので、もしかすると口に合わない可能性も…。

しかし、ベースフードにはいろんな味があり、好きな味のベースフードがきっと見つかるでしょう!

好きな味のベースフードで、置き換えダイエットを続けてくださいね!

理由③:栄養素が豊富だから

ベースフードは、1食で1日に必要な栄養素の1/3を賄える完全栄養食です。

ベースフードの主原料の全粒粉は精製した小麦粉と比べて、ミネラルやビタミンなどの栄養素が豊富に含まれています。

他にも、昆布やスーパーフードのチアシードなど、栄養価の高い食材が使われているので、栄養たっぷり!

ダイエットを成功させるには、栄養バランスを整えることも大切です。

1日1食をベースフードに置き換えるだけでも、栄養の土台ができるのでダイエットに向いています。

理由④:低カロリーだから

ベースフードは一般的なパンやパスタと比べると、カロリーが控えめです。

ベースフードよりも低カロリーなダイエット食はありますが、栄養の偏りが気になります。

ベースフードはカロリーが控えめながら、適度にカロリーを摂取できるので、健康的な身体づくりにピッタリです。

我慢を強いられるダイエットは長続きしませんが、ベースフードなら長く続けられ、健康的に痩せられますよ!

理由⑤:継続しやすい値段だから

ベースフードは一般的なパンやパスタと比べると、値段が高いと感じるかもしれません。

しかし、ベースフードは普通のパンやパスタよりも栄養が豊富で、健康的です。

他のダイエット食と比べると、ベースフードはコスパがよく、高くはありません!

初回限定にはなりますが、どれだけ買っても20%オフで買えますし、2回目以降も10%オフになります。

ベースフードが不定期で開催しているキャンペーンやクーポンを利用することで、さらに安くベースフードを購入できますよ!

ベースフードのクーポンやキャンペーンについて別の記事で詳しく解説しているので、ベースフードの購入で損をしたくない人はぜひお読みください。

>>ベースフードのクーポン・キャンペーンを紹介!クーポンコードの探し方もご案内!

ベースフードの置き換えダイエットのやり方を3つ紹介!

置き換えダイエットの3つのやり方
  1. 朝食でベースフードを食べる
  2. 昼食でベースフードを食べる
  3. 夕食でベースフードを食べる

1日1回ベースフードを食べるには、以上のように朝・昼・夕のどれかと置き換えるだけです。

1食をベースフードに置き換えるだけなので、味に飽きづらく、長く続けることができますよ!

次からは、朝・昼・夕と、それぞれベースフードに置き換えたときのメリットもあわせて紹介していきますね。

置き換えダイエットのやり方①:朝食に食べる

朝食にいつもパンを食べている人なら、朝食をベースフードに置き換えるのが一番おすすめです。

いつものパンをベースブレッドにするだけなので、何の手間もかかりません。

ベースブレッドは1食あたり2袋食べることが推奨されていますが、小食なら2袋食べるのが難しい人もいるでしょう。

2袋食べるのが難しいなら、ベースブレッドは1袋でも大丈夫。

その際は、栄養バランスがとれるように、一緒に食べる物を工夫してくださいね!

ベースブレッドを1袋しか食べられなくても、プロテインや卵料理、サラダを食べることで、栄養バランスもよくなりますよ。

置き換えダイエットのやり方②:昼食に食べる

昼食は、外食したり会社の食堂で食べるという人も多いでしょう。

しかし、一般的な外食は炭水化物(糖質)や脂質の摂取量が多くなりがちで、カロリーも過多になってしまう可能性が…。

昼食をベースフードに置き換えることで、カロリーや炭水化物(糖質)や脂質の摂取量も控えめになります。

炭水化物の摂り過ぎが防げるので、昼食後も眠くなりにくいというメリットもあります。

ベースブレッドなら簡単に持ち運びできますし、朝に時間があるならベースパスタでお弁当を作るのもおすすめです!

置き換えダイエットのやり方③:夕食に食べる

1日の食事の中で、最も高カロリーになりがちな夕食をベースフードに置き換えることで、ダイエット効果が期待できます。

ダイエット成功のポイントは、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすることです。

ベースフードなら、3種類ともカロリーは控えめです。

仕事が忙しくて自炊できないなら、簡単に食べられるベースフードを夕食と置き換えましょう!

ベースブレッドなら調理の手間もかかりませんし、ベースパスタも茹でてソースを温めるだけで簡単に準備できますよ!

ベースフードに置き換える食事は1回で大丈夫です!

ダイエットは無理せず続けることが大切です。

1日1食をベースフードに置き換えるようにすると、ストレスなくダイエットを継続できます。

ベースフードが推奨しているのは、1か月あたり20食を食べることです。

20食取り入れるだけで、栄養のベースができあがります。

月に20食なら、1日1回の食事をベースフードに置き換えれば十分ですよ!

ベースフードを使った置き換えダイエットの3つの注意点

置き換えダイエット3つの注意点
  1. しっかりと噛んで食事をする
  2. 軽い運動を取り入れる
  3. 1食あたりの推奨量をしっかりと食べる

ベースフードの置き換えダイエットには、以上のように3つの注意点があります。

ベースフードは、食べるだけで痩せる魔法の食品ではありません。

ダイエットを成功させるには、摂取カロリーを抑えつつ、栄養バランスをとることが大切です。

一般的なパンやパスタにくらべて、ベースブレッドやベースパスタは糖質やカロリーは控えめですが、食べ過ぎると太ります。

しかし、ベースフードを食べてダイエットに成功した人はたくさんいますよ!

ベースフードを使った置き換えダイエットを成功させるための注意点を、3つ紹介していきますね!

注意点①:しっかりと噛んで食事をする

しっかりと噛むことで満腹中枢が刺激され、満足感が得られます。

特に、チアシードや食物繊維の豊富なベースブレッドは腹持ちがよいと評判で、推奨量の2袋を食べるとお腹いっぱいになりますよ。

空腹を我慢しなければならないダイエットはストレスが溜まり、途中で挫折してしまいがちです。

しかし、ベースフードをしっかりと噛んで食べることで満腹感が得られ、間食や食べすぎを減らすこともでき、ストレスなく続けることができます。

注意点②:軽い運動を取り入れる

運動は続かないという人も多いでしょう。

しかし、ダイエットを成功させて健康的に痩せるためには、ベースフードに置き換えるだけでなく、適度な運動も心掛けてください。

運動といっても、ハードな運動を推奨しているわけではありません。

家に居ながら、簡単に続けられるストレッチなどの軽い運動でも十分です。

エレベーターを使わずに階段を使ったり、寝ながらできる足パカなどでもいいですね!

注意点③:1食あたりの推奨量をしっかりと食べる

種類 1食あたりの推奨摂取量
ベースブレッド 2袋
ベースパスタ 1袋
ベースクッキー 4袋

ベースフードは以上のように3種類あり、それぞれの推奨摂取量が違います。

1日で必要な栄養素の1/3を摂るには、推奨された量を食べてください。

痩せたいからといって、何も考えずに食事の量を減らしてしまうと、栄養バランスが崩れます。

栄養バランスが崩れると消費カロリーも減ってしまい、食べる量を減らしているのに痩せない…という悲しいことになるかも。

食べすぎはダメですが、1食をベースフードに置き換えるなら、しっかりと推奨量を食べてくださいね!

ベースフードの置き換えダイエットについてまとめ

この記事のまとめ
  • 1日1食をベースフードに置き換える
  • しっかりと噛んで食事をする
  • 適度に運動をする
  • 1食あたりの推奨量をしっかりと食べる

以上のような内容をお届けしました。

ダイエットというと、食事の量を減らし、空腹感に耐えなければならないといったイメージがありました。

苦しいダイエットは続きません。

しかし、ベースフードを使った置き換えダイエットなら、食事を抜くこともないのでストレスなく続けることができますよ!

ベースフードを利用して、健康的で理想の身体を手に入れてくださいね。

ベースフードの詳細はこちら!